BLOOD SABBATH

BLOOD SABBATH

初期のBlack Sabbathをこよなく愛するミュージシャンが真剣に取り組むプロジェクト。Black Sabbathの演奏やサウンドはもちろんのこと、彼等の精神性まで受け継ぐ姿勢は極東の「サバス伝道師」「販売促進バンド」の名に相応しく、海外でも高い評価を受けている。ギタリストの三谷佳之はトニー・アイオミ氏の自伝書「アイアン・マン/トニー・アイオミ」(2012年発行)の日本語版を監修したほか、2013年、直訳ロッカーの王様と日本語でBlack Sabbathの名曲を演奏したアルバム「黒い安息日伝説」を発売。2015年、Black Sabbathのトニー・アイオミのチャリティー・トリビュートアルバム「Great Lefty : Live Forever ! (Tribute to Tony Iommi Godfather Of Metal)」に参加。世界デビューを果たす。

DISCOGRAPHY

関連記事

ページ上部へ戻る